2019年08月13日

shu oisibbのlow-sec冒険記 -Low-secミッドナイト-

こんにちわ! shu oisibb です!

またまたPvP動画をアップしました!

今回は、対カイト戦や対FAC戦を中心にしつつ、月間ランキングに名を連ねるような強いプレイヤーさんと戦う機会にも恵まれたので、そういった熱い勝負をピックアップしてみました!

【EVE online】shu oisibbのLow-sec冒険記 : Breacher Solo PvP #3

※全画面表示でご覧いただく事をオススメします。

ちなみに、zkillboard上ではコンナ感じ。(ここから先は完全に私の個人的な感想です)

・第1戦
VS Dark Magni
https://zkillboard.com/kill/78039041/

Dark Magniさんは、Black RiseでよくAT艦を乗り回していた猛者の一人です。
最近はアマー・ミンマター方面に移って、相変わらず狩りまくってるようですね。
AT艦なんて早々手に入るものでもないですし、とにかく何かしら凄い人なんだろうなぁとは思ってたんですが、今回はそんな人と互角の条件で戦える数少ない機会だったので、ワクワクドキドキで対戦してました。
いやマジで指が震えてましたねw
動画では言及してなかったんですが、こっちも全力で勝負しないと負けると思って、この勝負だけブースターを使っています。

あと、動画の中で使ってた小技なんですが、初動で速度を1300m/sくらいに落として接近してましたよね。
あれをやると、オーバービューの速度上では、こっちがちょっと足の速めのAB艦に見えるので、MWDのカモフラージュになるんです。
特に今回の場合、ちょっと速めの速度にしたっていうのが個人的にミソですね。
普通のAB艦なら、4200m/sも出してるカイト艦相手に勝てるワケがないので、まず逃げますし、相手は手練れなので、遅過ぎると逆に不自然に思うだろう…と考えて1300m/s(軽量FGと同等)くらいの速度で誘ってみました。

ただ、加速の度合いが急過ぎましたね。
本来、ABならあそこまで一気にトップスピードには上がらないはずなので、加速の度合いまで見られていたら、それだけでMWDだとバレた可能性もあります。
旋回と同時に1300m/sに設定していれば、もう少し自然な加速が偽装出来ていたのではないかと思います。
あと、Propの起動音っていうのは、AB(ゴーーーって音)、MWD(キューーーン…↑って音)で違うので、ああやって距離を取った上で「相手を見る」を選択して、Propの起動音を聴けば、一発でバレるんですよね。
いや…もしくは、それ込みで勝負してくれたのかも…Dark Magniさん程の手練れなら、それくらいの事は分かってるかも…正直そう思ってます。

じゃないと、序盤で距離を空けた理由が説明出来ないですからね。
何故、あの時圧倒的に有利なポジションにいながら、一旦距離を取り、保険を掛けるかのように100㎞もバックしたのか…。
それはこっちの動きを見る為だったんじゃないだろうか…。
まぁ、単純に後続を警戒してたとか、オーバービューを見て、ABと判断→突っ込んできたっていう当初の目論見通りだった可能性はありますが…果たして本当にそれだけなのか…。

こうして改めて振り返ってて思ったんですが、Dark Magniさんはホントにすごく強い人で、実際私も今まで何回も負けているので、「逆に、こっちの土俵に降りて来てもらったからこそ勝てた勝負だったな」って気持ちがすごく強いんです。
「よっしゃ!勝った!!」っていうよりも「戦う事が出来て光栄でした!」って感じですね。
で、その返しがまたカッコイイですよね!!
ホントにすごい人です!リスペクト!!



・第2戦
VS vampire Sakura
撃墜していないので、キルボなし。

残念ながら当日結構ラグくって、音声がブツブツいっちゃってたんですが、これはどうしても入れたかったんです!!
Dual WEBにDual WEBをぶつけるっていうのは、私としては半ば洒落のつもりだったんですが、その思惑をすぐさま読み取りつつ「you win」って言ってくれるって…粋ですよねぇ~!
実は、このブログを始めた理由の一つに、こういうプレイヤー同士の「やり取り」を見せたかったっていうのがあるんですよ。
こういうのって、絶対にキルボじゃ見えてこないですからね。

ただ正直、私は2戦目も負けに近い引き分けかなぁって思ってます。
後半500mオービットが決まっていれば、多少火力は落ちたでしょうが、それでも直撃弾は避けられなかっただろうし、ギリギリまで戦ってたら、私の方が持たなかったような気がします。
だから、多分Dual WEBって気づいたから引いた…その結果を以て「you win」って言ったワケじゃなくて、「その発想には負けたよw」って意味で言ってくれたんじゃないのかなぁと思ってます。
やっぱり、あのままやってたら多分私の負けだったろうな…。
まだPvPを始めて日が浅いプレイヤーさんのようですが、これからの活躍に期待したい新世代ファイターです!



・第3戦
VS wolf0916
https://zkillboard.com/kill/78164706/

勝つには勝ちましたが、相手はまだPvPを始めて日が浅いようなので、色々試してた最中だったのかもしれないですね。

個人的には、ABにディスラプターというのも、決して悪い組み合わせってワケじゃないと思います。
例えば、ABにディスラプターを付けたミドルカイト仕様として、足を早めたレールガンアトロンとか、アーティレリリフターなんかが少数ながらありますし、ヴィジリ海軍仕様に至ってはスタンダードFitとしてABとディスラプターを付けるFitが確立してますからね。
ただ、この3機についてはWEBが搭載出来るというのが、スライサーとの大きな違いですね。
つまり、スクラムレンジ内でもSingle WEB相手にスピードレンジで勝てるって事が前提にあるワケです。
そうすれば、スクラムレンジ内で戦っても、最終的にミドルカイトに持ち込めますからね。
実際に、私も過去そういうFitに負けた事が何度かあるので、それを思い出して怖かったですね。

一方、パニッシャーなんかのベイト艦が、あえて近距離で戦う事を前提としつつ、MWDとディスラプターを付けてるパターンがありますが、それに近い事をしようとしたのかなぁとも思いました。
どういう事かと、近距離艦の相手が何等かの理由(後続に気づいたり、タンク切れしたり)で、スクラムレンジから離れた瞬間、WEB・スクラムが外れる→MWD起動可能状態になる→速度で逆転する→ポイントを継続出来る…って流れを想定したFittingなんじゃないかって思ったんですよね。
足を早めたスライサーであれば、ABでも似たような事が出来ると思いますし、そのままカイトに移行する事も出来るので、これはこれで結構攻略が難しそうなFitになるかも知れません。
500mオービットされても良いようにパルスレーザーを装備すれば、より完璧ですね!



・第4戦
VS Dieter Isu
https://zkillboard.com/kill/78218816/

この方とは7月のブリーチャー単独撃墜ランキングで1位争いをしていて、いつか直接決着をつけたいなぁって思ってたんですよね!
今回はアトロンVSブリーチャーというカードでしたが、まさか距離を取ってくるとは思わなかったですね…。
完全に不意を突かれてしまいました。

どういう意図で距離を取ったのかは、動画を見返しても完全には汲み取れなかったのですが、恐らく…一旦距離を離してジャブみたいに小ダメージを当てて、こっちがヘバッてきたところで接近→高火力でノックアウトする…なんてシナリオを描いてたんじゃないかなぁ…と思います。
ロケットって、近距離武器の中では射程は長いって言われるんですが、それはあくまでスクラムレンジ内の話であって、相手がスクラムレンジから出ちゃうと、タレットと違って全く当たらなくなるんですよね。
ジャベリン弾に再装填すれば話は違いますが、リロードタイムが10秒かかる事やDPSが下がる事を考えると、アトロンの方がそのまま押し切る可能性が高そうに思えます。
相手もブリーチャー乗りなので、そういうロケットの弱点を突いてきたって事なのかもしれません。

幸運だったのは、あの時の私のFitが高機動Fitだった事ですね。
あのFitなら、速度が1440m/s出せるので、全力でアトロンに接近すれば、NAVY弾の射程距離内に相手を捉え続ける事が出来ます。(最も相手が速度UPモジュールやブースター等を積んでいなければの話ですが…)
それに接近して、500mオービットに成功すれば、逆にヌル弾を装填している相手の方がDPSの面で不利になりますので、そういう読みで接近を選択したって感じですね。

まぁ、単に相手がランディングした瞬間、こっちの最高速度を見て、逃げようとしたってだけの話かもしれないですけどね!w
ただ、そうだとしても、それではそれですごい判断です。
本来、相手は勝てると思って突っ込んできてるハズなので、その考えを状況を一瞬見ただけで即捨てて、全力で逃げに入ったって事になりますからね。

つまり、いずれのシナリオにしても、相手に相当の経験と知識がなければ出来ない判断なのは間違いないって事になります。
まぁ…ここまで長々と書いたのはぜ~んぶ私の想像なんですが…w
でも、戦ってみた印象や戦績を考えるとかなりの手練れだとお見受けしました。
最後に「ty sir」と言って、紳士的な態度を一貫して取り続けていたのもすごく印象的でしたね。
人としてのメンタルの強さも垣間見た気がします。
こういう人は1on1で強いっスよ…!



・第5戦
VS Magister Wiggbolld
https://zkillboard.com/kill/78219724/

まさに、第3戦で言ってたようなパルスレーザーを装備したパターン。
Low-secで使うスライサーのFitについては、こういうのが一番良いんじゃないかなぁって個人的には思いますね。
アンチカイトする側からすると、大抵のカイト艦は普通は500mオービットに持ち込めればほぼ勝ち確なんですが、このタイプは動画で見た通り、500mオービットしようと高ダメージをバシバシ当ててくるので、タンク出来ずに負けるってパターンが時々あるんですよね。
やっぱりこのトラッキングと射程の優秀さ…さすがFAC艦!っていう、ポテンシャルの高さを感じるボーナスですよね!

今回対戦した際は、ロースロットに「電磁加工ナノ対応装甲Ⅱ」を残していたので幸いタンク出来ましたけど、その分、スピードの面で不利になり、MWDを予想以上に回す結果となりました。
最悪、あのまま逃げられてたら二度と倒せないですからね…でも、こういうドッグファイト…個人的には大好きです。
モジュールのコントロールや初動の位置取り、キャパシタ管理等、問われるものがたくさんありますからね!
リスクとスリル、表裏一体の一瞬の勝負でした!
あと、相手が「よくキャッチしたな!」って言ってくれたの…嬉しかったなぁ!
爽やかでしたね!



・第6戦
VS Ada Kilndown
https://zkillboard.com/kill/78311094/

実はこの方、今zkillboard上で、今月の共和国海軍仕様ファイアテイルの単独撃墜ランキング世界3位に入ってる方なんですよね!
結構使い込んでるみたいです。
序盤は完全に失敗しましたね…ただ、後で考えてみると、それが逆に良かったのかなぁとも思います。
序盤で相手の攻撃を避けまくってたら、相手は逃げる事を考えますからね。
多分、ギリギリまで勝負してくれたのは、「勝てるかも!」って思ってくれたからかもしれないです。

実際、最後の数秒前、ほんの少し相手の挙動が変わってて、どこかにアラインし始めてましたからね…「あ、これ逃げるな」って思いました。
正直、こっちとしてはスクラムがかかって逃げられないので、途中からは逆に「逃げてくれ!」って思いながら戦ってましたけどね…w
ホントにギリギリの勝負で、ABはブロー覚悟でした。
でも、よく見ると最後の1サイクルで無意識にオーバーロードを切ってるんですよね…w
90%燃えてるので、あそこで切っても燃え尽きるのは確定なんですが、ほとんど本能的に指先が動いてましたw
あの最後の1ボレーでこっちが交わすか、当てるのかの勝負でしたね!



また、良い動画が撮れたらアップしたいなと思いますので、お楽しみに!
でわでわ!


posted by shu oisibb at 22:17| Comment(0) | Low-sec冒険記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月26日

美人ハンター、Low-secへ還る。-Solo PvP リハビリ編-

こんにちわ! shu oisibbです!

久々のブログの更新になります。

さて、Mr&Ms.EVE japaneseが終わって以降、この1か月間ず~~っとPvPをしておりました。

まぁ終わった直後の充電期間って意味もあるんですが、それ以上に、約1か月以上全くSolo PvPをやってなかったせいで、腕が相当鈍ってたんです…。
おかげでずいぶん落ちちゃいました。(ごめんよブリーチャー…)

今回はその時の模様を動画にしてみたので、良かったらご覧くださいませ!


【EVE online】shu oisibbのLow-sec冒険記:Breacher Solo PvP #2

※全画面表示でご覧いただく事をオススメします。

なお今回は、FESTA社の LTLBAZAAR さんと、NACHO社の tutuki Kado さんが動画に登場しています!
特に、tutuki Kado さんとは直接対決してますよ!



久しぶりのPvPでしたが、1か月もブランクが空くと、やっぱりだいぶ勘が鈍ってましたね。

感覚的な事なので言葉にするのは難しいんですが、相手との距離の取り方や、モジュールのオーバーロードON/OFFの判断に迷いが生じてしまって、全ての動きがイメージに対してワンテンポ遅れるような感じがありました。

特に、防御モジュールの感覚なんかは、完全に抜け落ちてたね。
ベストの状態では、今自分がどれくらい回復したのか、相手からのダメージがどれくらい来てるのか…そういうのをHUDを見なくても、ある程度肌感覚で把握しながら戦えていたんですが、その感覚が完全に無くなっちゃって、「次のダメージが入る事を考えた上で、モジュールを回す」って事が出来なくなってました。
動画を見ていても、ハルにまでダメージが貫通したり、逆に過剰に全回復してリソースを無駄にしてますね…。

Dスキャンへの意識も薄かったり、換装用モジュールのチョイスが甘かったり(動画のグリフィン海軍仕様との勝負なんかは、Dual WEB Fitで行けば、負け筋は減らせたワケですしね)、まだまだベストコンディションではないです。

もっと数をこなして、ベストな状態に持っていきたいと思います!



それと、今回は狩場を変えてヘイマター方面で戦ったんですが、結構戦えますね!
2年前の最盛期ほどではないですが、そこそこT1FGのSoloプレイヤーも居て、戦い自体は起こりやすい感じです。
ブラックライズでの顔なじみもちょいちょい見かけるので、皆ヘイマター方面に移ってきてるのかな?

ただ、その分、エース級のプレイヤーも集まっていて、そういう意味での戦いづらさも感じます。

古巣のブラックライズは、割とシステムが一本道になっていたのに対して、ヘイマターは複数のシステムがそれぞれ繋がっているので、相手がどこからどこへ飛んだのかちょっとわかりづらい上に、2~3j隣にいた海賊艦がいきなり入ってくる事もあるので、そういう地理的な勝手の違いを感じます。

あくまで個人の…それもT1FGファイターから見た場合の印象なので、必ずしも当たってるとは言えないかもしれませんが、ブラックライズよりも、レベルが高いなぁって感じがします。



最後に、今月のリハビリでゲットした美人をご紹介!

Opera Jin
2113334743.jpg

パッツンヘアが似合う、キュート系のアチュラ美人!
滅茶苦茶クオリティが高くて一目惚れ!
かなり前から狙ってたんですが、今回やっとゲット出来ました!

559eb5ac3e53f66acf18f87374c01257.png
https://zkillboard.com/kill/77830652/

でも、実はその前に一回負けちゃって、泣きの再戦で何とかゲットしたポトレでした。
ちなみにその時の動画は撮れなかったんですが、戦闘開始直後、1AUにファイアテイルが映り逃げようとしたところ、逃げ切れずに堕とされるというトホホな内容でした…。
しかもファイアテイルは結局入って来ず(笑)
でも、落ちたキルボと落としたキルボ、両方ゲット出来て結果オーライ♪

c5c30b5f72da122f8e075a071887b1c8.png
https://zkillboard.com/kill/77830476/



Haukka
2114104047.jpg

最近登場した義眼や顔のオーグメンテーションを付けたサイボーグ美人!
可愛い顔立ちと、ガチガチのサイボーグファッションのギャップにクラっと来ちゃいました!

1e0a1c0c69acf2927b6e1ba4e201714a.png
https://zkillboard.com/kill/77863539/

実は、これも同じく泣きの再戦でゲットしたポトレ。
Haukka さんと対戦中に、別の船が来ちゃって、落とされちゃいました。
ちなみに、その時乱入してきたのが、動画で個人チャットを送ってきた方でしたw
とことん間が悪い…w

8bbd035161b0af037ebeed1118a8e8c6 (1).png
https://zkillboard.com/kill/77863344/


posted by shu oisibb at 02:57| Comment(0) | Low-sec冒険記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月09日

shu oisibbを倒せ! T1 Frigate 1on1 Duel (後編)

こんにちわ!shu oisibbです。

前回「T1 Frigate Duel」と題して、1on1バトルの様子を動画でアップしましたが、今回はその後編の動画が完成しましたので、ご紹介したいと思います!
早速ですが、まずは後半戦の様子をご覧頂きたいと思います!





さて、動画が一通り出揃ったので、今回は戦った感想や思った事なんかを書いておこうと思います。

・secoさんとのバトルについて

実は、secoさんとは今までずっと「カイトvsアンチカイト」という構図で戦ってきたので、直前までMWD Fitにしようかどうか、悩んでました。
途中から使い出したPunisherのFitも、挑戦的で面白かったですね!
ああいうのは、実戦だとFitが読みづらいんですよね…。
本人によると、まだキャパシタとDPSに課題を残しているそうなんですが、その辺りを詰めていけば、どんなFitなのか読みづらい船になりそうですね!


・Neruさんとのバトルについて

Neruさんは私の教え子の一人で、まだEVEを始めたばかりのルーキーなんですが、今回初めて1on1で勝負してみて正直驚きました…予想以上に強い!

ちなみに今回Neruさんが使っていたFitは、実は私と所縁のある人達が使ってたFitで、最初に使っていたのが、私のPvPの師匠である Night Cap 君が以前の私とのバトルの時に使っていたもの。
もう一つが、TWAN Cesaille さんという、私が目標にしている凄腕のTristan乗りが使っていたものなんです。
(TWANさんのお話は、いつの日かこのブログでご紹介できればと思います。)

師匠と強敵のFitが、自分の教え子に受け継がれていくを見て、何というか「バトンが渡った」ような感じがしました。
こうやって、次の世代にバトンって渡っていくんだなぁと…。
まさにこれからのPvPシーンを担う、新世代ファイター…今後の成長と活躍に期待です!


・iguiguさんとのバトルについて

iguiguさんは、私がEVEを始める前よりもずっと前から現役で活躍し続けてきたベテランプレイヤー!
初心者の頃、iguiguさんのようにPvPで活躍するプレイヤーは、私にとって憧れの存在でした…そんな大先輩と戦える日が来るとは…!!

後半のBreacher同士のミラーマッチはドキッとしましたね!
やっぱりソコを突いてくるかぁ…という感じで、結局、最後はこちらの操艦ミスが負けにつながってしまいました…。




最後とはなりましたが、今回ご参加頂いたsecoさん、iguiguさん、Neruさん
どうもありがとうございました!!

もし、「戦ってみたい!」という方がいらっしゃれば、ご連絡をお待ちしておりますので、良かったら一緒に遊びましょう!
でわでわ!


posted by shu oisibb at 06:46| Comment(0) | Low-sec冒険記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする