2020年02月16日

shu oisibb流 Low-sec Solo PvPの戦い方~初心者入門編~

こんにちわ! shu oisibb です。

ちょっと前に、Solo PvPに興味を持った方から「Low-secでフリゲートを使って勝負する場合、具体的にどうやって戦ってるのか?どうやって敵を見つけてるのか?」といったご質問を頂きました。

実はこの内容、前々からブログで取り上げたかったんですが、これを機に「Low-secでT1FGを使ってSolo PvPに挑戦する場合」を想定して、頑張って色々書いてみようかと思います!

と言っても、どんな場所で、どんな船で、どんな敵と戦うかによって、キモになる部分は変わってくると思います。
なので、あくまで私流のやり方という事で書いてみようと思いますので、参考に出来そうなところがあれば、実践してみてもらえると良いなと思います♪

…で、補足とか色々入れようとしたんですが、そうすると膨大な文量になっちゃったので、今回は一番基本的な事だけに絞ってご紹介いたします。



1.どこで戦うべきか?

・FW地帯に行ってみよう!
Low-secの一部のシステム(星系)には、「Faction Warfare(国家間戦争)」というPvPを推進する事を目的としたコンテンツが用意されています。

FWについては、この辺りのサイトに概要が書いてありますが、PvPをするだけなら義勇軍に参加する必要はありません。

◆Faction Warfare(英語)
https://wiki.eveuniversity.org/Faction_warfare
◆国家間戦争(Factional War)
https://evewiki.wiki.fc2.com/wiki/%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E9%96%93%E6%88%A6%E4%BA%89%28Factional%20War%29

4a903f500e5290b88f2ca8ab0a3e380b.png
FWコンテンツが用意されたシステムに入ると、ゲーム画面左上に「Factional Warfare」と表示されます。

特に、下記の6つのシステムやその4~5ジャンプ周辺は、FW地帯の中でも昔から割と活気があって人が多い場所です。

カルダリガレンテ方面なら
Nisuwa、Kedama、Nennamaila 付近
・Nisuwa
https://zkillboard.com/system/30045352/
・Kedama
https://zkillboard.com/system/30045346/
・Nennamaila
https://zkillboard.com/system/30045344/

アマーミンマター方面なら
Siseide、Amamake、Kourmonen 周辺
・Siseide
https://zkillboard.com/system/30002539/
・Amamake
https://zkillboard.com/system/30002537/
・Kourmonen
https://zkillboard.com/system/30003068/

時期やその日による当たり外れや、流行の移り変わりというのはありますが、基本的にこの辺りを飛んでいれば、比較的対戦相手を見つけやすいかと思います。

個人的な経験則ですが、どのシステムにもステーションで休憩中だったり、別の事をしてる人が2~3人はいたりするので、1on1なら、ローカルの人数が大体4~7人くらいいる状態が狙い目かと思います。



・新兵用アウトポストの中で戦おう!
FWコンテンツが用意されているシステムでは、名前に「新兵用(Novice)」「小型(Small)」「中型(Medium)」「大型(Large)」という単語がついた戦闘サイトが沸きます。
※2020年3月のアップデートにより「Open」という戦闘サイトが追加されました。

・オーバービュー上で見たFWサイト
9dc84d1fe3f46f6faa9e1f62e3c3f36b.png
「〇〇 Stronghold」とか「〇〇 Facility」等、色々と名前がありますが、名前が違うだけで中身は全部同じです。

・プローブスキャナー上で見たFWサイト
35b079e112956f44bb3a9d1669c05918.png
自分か誰かがプローブスキャナーからワープする事で、初めてサイトが開き、オーバービュー上に映ります。

また、大型以外の戦闘サイトにはアクセラレーションゲートが設けられており、サイト内に入れる船の大きさに制限が掛けられています。

2c77658b579a8565f3016e068eeed5cc.png

新兵用(Novice):T1・FAC・海賊フリゲートまで(T2FGは不可)
小型(Small)  :駆逐艦・T2FGまで(T3DDは不可)
中型(Medium):CLまで(T3CLは不可)
Open    :無制限。アクセラレーションゲートなし。
大型(Large)  :BSのみ侵入可能


FW地帯では、こうした「戦闘サイトの中」、あるいは「アクセラレーションゲートの前」で戦う事が基本になります。
特に、T1FGを使う場合は「新兵用アウトポストの中」で戦うようにしましょう。

ちなみに、FG等の小型艦の場合、アクセラレーションゲートに「0km」でワープしてしまうと、時々ゲートに引っ掛かってすぐにワープ出来ない事があるので、「10km」でワープするようにしましょう。
2020年3月のアップデートによりFWサイトのアクセラレーションゲートの起動可能距離が90㎞に拡大しました。
今後は、ゲートの中に確実に入りたい場合は、100㎞バックした方が安全です。

また、こうした戦闘サイトの中にはビーコンがあり、新兵~中型アウトポストのゲートを通った船は、全てビーコンから大体5000m以内の位置にワープするようになっています。

・アクセラレーションゲートを通った先にあるビーコン
eaafeb3a6fe73eb784db6f8feef48374.png

サイト内に入って相手を待つ場合は、ビーコンを基点に、自分が有利になる位置で相手を待ちましょう。



2.対戦相手を探そう!

・Dスキャンを使いこなせ!
指向性スキャン(Directional Scanner、Dスキャンとも)を使う事で、ローカル内のどこに船がいるのかを把握出来ます。

◆EVE Online - レッスン 15 - ディレクショナル スキャナー(動画)


◆指向性スキャナーの使い方
https://seesaawiki.jp/eveonline_b-osp_wiki/d/%BB%D8%B8%FE%C0%AD%A5%B9%A5%AD%A5%E3%A5%CA%A1%BC%A4%CE%BB%C8%A4%A4%CA%FD

初心者さんの場合、T1FGに的を絞って索敵すると良いでしょう。
私の場合、概ね下記のような手順で索敵してます。



①フルスキャン(全体を把握する)
まずは、恒星や新兵用アウトポストの近くにワープして、最大範囲でスキャンを掛けて、システム内にどんな船がいるのかを大まかに把握します。

②5度スキャン(相手の位置を特定する)
もしT1FGが映ったら、新兵用・小型アウトポストに5度スキャン(角度5度、任意の範囲)を掛けます。
この時、カメラのオートトラッキングを有効にしておくと、OV上のアウトポストをクリックしただけで自動的にカメラがスキャンしたい方向に向いてくれるので便利です。
※オートトラッキングは「ahiftキー+Cキー」を押す事で有効化出来ます。
敵を見つけたら、仕掛けます!
敵がいなければ、一応中型・大型アウトポストにもスキャンを掛けますが、こういう相手はファーマー(LPを稼ぐ非PvPer)かベイト(囮)の可能性が高いので、基本的に無視します。

③1~5AUスキャン(相手が来るのを察知する)
逆に新兵用アウトポストに入って敵を待つ場合は、1AUもしくは5AUで5秒に1回程度、Dスキャンを回します。
1AU(厳密には0.5AU)以内に相手が映ったら、相手はアクセラレーションゲートの前にいるはずです…戦いに備えましょう!
また、余裕がある限りは、戦闘中も定期的にDスキャンを1~5AUで回しましょう。
もし、1AU以内に侵入可能な他の船が映ったら、増援・乱入が来たという事になりますので、なんとかして逃げるか、増援が来る前にケリを付けましょう。
ちなみに、FGならアクセラレーションゲートからアウトポスト内に入り、戦闘可能な状態になるまで、だいたい25秒前後掛かります


-----------------------

・使用例

6d2d2792abfa7d0c629f73902daeec15.png

まず、状況はこんな感じ。
15.1AUにある「Gallente Large Outpost」以外は、全てDスキャンの範囲内です。

この状態から、まずはフルスキャンを掛けます。
すると…

5acd17615f8bcab138fd892c82c9983e.png
Range(範囲)、Angle(角度)を最大でスキャン

マーリンとトリスタンがHitしました!
しかし、この状態ではまだ相手がどこにいるか絞り切れません。
スキャン範囲を5AUに絞ってみましょう。

7e71ade3eb9e66475e67b5fc28151ef0.png
スキャン範囲を5AUに設定

マーリンのみがHitしました!
という事は、マーリンは「Novice(3.0AU)」か、「Medium(1.7AU)」のどちらかにいる可能性が高そうです。
一方、トリスタンは「Small(14.0AU)」か、ジャンプゲートにいる可能性が高そうです。

今回はマーリンに的を絞ってみる事にしましょう。

T1FGなら、「Gllente Novice Outpost」にいる可能性が高いです。
Gllente Novice Outpostにカメラを向けて、Dスキャンの角度を5度に絞りスキャンを掛けてみると…

d851854dd467400bf9638feffe2e9ba0.png
オートトラッキングを有効化した状態でオーバービュー上の「Gllente Novice Outpost」をクリックすると、こんな風にカメラが自動的にGllente Novice Outpostを向いてくれます。
ちなみにカメラの中心が、Dスキャンの0度(原点)になります。


4d0928686aa00cb136c7b7606420a19a.png

マーリンのみがHitしました!
これでマーリンの居場所は特定出来ましたね!
仕掛けるかどうかはアナタ次第。

ちなみに、T1FGがフルスキャンで映った時点で、新兵用アウトポストに当たりを付けて、そのまま5度スキャンを掛けても良いでしょう。
(大抵その方が早いです。)

-----------------------



3.対戦相手を調べよう!

Dスキャンで索敵するのと同時に、ローカル内のキャラクターの戦績をzkillboardで調べる事で、相手が何の船に乗っていて、どんなFitなのかを、ある程度予想する事が出来ます。

◆zkillboard
https://zkillboard.com/
◆Solo PvP
https://eveonline-japanwiki.com/pvp/solo
(画面下の「zkillboardの活用」を参照)

2画面でプレイしている人なら、別画面で5~6枚くらいだしておくと便利です。
私の場合、下記のような手順で相手のFitを調べてます。

①ローカル内のキャラ全員をzkillboardで検索する。
ジックリ見るのは後でいいので、とりあえず検索だけしちゃいます。
この時、同じコーポ・アライアンスの人が多ければ、フリートで行動している可能性が高いので、そういった相手との戦闘は避けた方が良いです。

②Dスキャンで映った船(ターゲット)と同じ船に乗っている人がいないか探す
人数が多い場合は、とりあえず全員の「Top ship」を確認します。
見当たらなければ「Loses」から直近のロスを確認すると、比較的探しやすいかと思います。

③②で見つけた相手のFitを見る
「Losses」から相手のFitを確認します。
複数のFitを使い分けてる人もいるので、出来れば、1つだけでなく、直近の2~3つのLossを確認しておくのが理想的です。
勝てそうだと思ったら、いざ勝負!



・初心者さんの場合
初心者さんの場合は、特に下記の点に当てはまる人と戦うようにすると良いと思います。
とは言え、あくまで目安なので、悪しからず…m(__)m

1.勝利回数が大体700勝以下の人(負け越している人)
2.キャラ作成日が1年以下。(出来るだけ自分と近い人)
3.Soloでのロスが多い人


逆に、下記の点に当てはまる人との戦闘は避けた方が良いでしょう。

1.1000勝以上してる人(Solo PvPでの戦闘が多く、勝ち越している人)
2.キャラ作成日が1年以上
3.Gangが95%以上あり、同じメンツで撃墜したキルが多い人




基本と言ったのに、長い長い…(笑)
ひとまず、ここまでの事を理解していれば、Solo PvP自体は出来ると思いますが、勝てるかどうかは、その人の腕次第!
正直、ここまでの事を理解していたとしても、初心者さんなら最初のうちは負ける事が圧倒的に多いと思います。

私もSolo PvPを始めたての頃は、それこそ何十回も負けが込んで落ち込みましたが、その時、師匠のNight Cap君に「最初のうちは100回墜ちても全然良いし恥じゃない。そのうち1回でも勝てたらPvPerとしては初心者卒業」と言われて、実際にそういう気持ちで勝負するようになって以降、すごく気持ちが楽になりました。

また、私は戦って気づいた事や、ドローンの出し忘れ、弾薬の替え忘れといったミス等をメモして、戦う直前にそれを見てから勝負に挑むといった事を繰り返し、一つずつ課題をクリアしていきました。
負けたとしても、その中に発見があれば、それは絶対次に繋がるはずです!



それと、ある意味一番大事な事ですが、個人的な経験上、どんなに内心で悔しかったとしても「gf」は出来るだけ返した方が良いです。

これはあくまで私個人の経験上の話になりますが、案外FW地帯の人達って、礼にはちゃんと礼で返す人が多いと思います。
特に1on1をやってる人は、そういう傾向が強い印象があります。

やっぱり皆通って来た道なので、初心者さんがSolo PvPに挑む事が大変だという事は知ってますし、むしろ、PvPに意欲がある事を評価する人の方が多いと思います。

Google翻訳でも、短い文章ならそれなりに意味は伝わりますし、戦った相手からのアドバイスって結構貴重で的確だったりするので、対戦してくれた人には、品位を持って接する事を心掛けてほしいな、と個人的には思います♪

でわでわ!


posted by shu oisibb at 22:57| Comment(0) | PvP考察集(Fit構築・戦術等) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月28日

shu oisibb流操艦術 -モジュールは左手で、船は右手で-

こんにちわ! shu oisibb です。

Solo PvPを始めたての初級者の方から、「操作が追いつかない」っていうご相談を受ける事が時々あるんですが、今回はそういう方の為に、私が実践している船の操作方法についてお話してみようと思います。
…って自分で書いてるくせに言うのも何ですが、相変わらずマニアックな内容ですね(笑)

私は基本的に「左手(キーボード)のみでモジュールの操作を行い、右手(マウス)は船の操艦に集中出来る」ようにしています。
特に重要視しているのが、キーボードのショートカットの割り当てですね。



・ショートカットでやるべき操作

私がよくやってるフリゲートの1on1なんかだと、展開が秒単位で進行していくので、瞬時に複数の操作を同時に行う必要があります。
実際には、船の操作って若干タイムラグがあるので、それを見越すとコンマ何秒ってレベルで対応しないといけないんですけど、具体的にどんな操作が必要なのかを考える為に、ここで私のブリーチャーで必要になる操作を例に挙げたいと思います。

・ブリーチャーで必要になる船の操作
1.各モジュールのON/OFFとオーバーロードのON/OFF。(全6個)
2.7000m or 500mオービットする。(相手の動きや状況に応じて、「接近」したり「一定距離を保持」する)
3.MWDを装備している場合は速度を抑えたり、タイミングを合わせて最大加速する。
4.Dスキャンを回す。


ざっとこんな感じですね。
実際にはドローンの出し入れもやってたりとか、細かく挙げるとキリがないんですが、こうした複数の操作をマウスだけで行うというのは、事実上不可能です。

特に、モジュールのON/OFFなんかは、マウスだけでやろうとするのは無理があるので、私はキーボードのショートカットを使うようにしています。
特に、オーバーロードのON/OFFなんかは、マウスでなくショートカットでやった方が絶対に楽ですね。
ただ、デフォルトのショートカットの設定は使いづらいので、私はある程度、ショートカットの設定を変更しています。

具体的にはこ~んな感じ。

・キーボードで見たショートカットの構成
nx178ryk7i2latbxa3iz.png

・F1~F6、1~6=モジュールON/OFF
デフォルトのオーバーロードの設定は、正直言って複雑過ぎる上に押しづらいので、全て「shift+Fキーor数字キー」で統一しています。
この設定をやっておくだけで、船の操艦の半分程度は左手のみで出来るようになります。

・W/A/S/Dキー=ピッチアップ・ピッチダウン・左旋回・右旋回
通常のマニュアル操作と違い、急旋回は出来ませんが、カメラを一切動かさずに直感的に操艦出来るので、相手の動きや位置をカメラで捉え続けながら、機体をコントロールする事が出来ます。
手動でのオービットが必要な場合や、遠距離から旋回しながら相手に近づく際等に使っています。(いわゆるスパイラリングってヤツですね)

・shift+Wキー=最大加速
主にアンチカイトFitに換装した際、速度を抑えた状態から、最大加速する際に用います。
ちなみに、速度を抑える場合は、マウスでHUDにある速度ゲージを直接クリックして、適当な速度に設定しています。

・Ctrl+スペースキー=船の停止
これはデフォルトで設定されているショートカットですね。
ワープやジャンプ、入港する前に船の動作を停止させる事が出来ます。(止まらない事も多々あり有名ですが…)

ちなみに、設定方法や設定項目について詳しく知りたい場合は、下のリンクを参考にすると良いと思います。

・B-OSP Wiki「ショートカット」
・Uni-Wiki「Keyboard controls」

割と結構シンプルにまとめたつもりではあるのですが、いかがでしょう?(笑)
一応、ドローンの出し入れのショートカットも使っているんですが、それはたぶん皆さんも使ってると思うので、ここでは割愛しています。

どれも、指を3本以上使うような操作を避けて、2本以内で全ての操作が出来るようにしています。
複雑な操作はミスの元ですからね。
どれだけ設定しても、いざという時にパッと押せなければ、宝の持ち腐れですので、あんまり複雑な設定は避けるべきだと思います。
左手だけで自然に押せる設定を心がけておく事が重要ですね。

ちなみに私は、ローミングの最中ずっと左手でオーバーロードのON/OFFの練習をやりながら飛んでいます。
まぁ練習といっても、単純にワープしてる間なんかに、ショートカットでオーバーロードをON/OFFしてるだけなんですが、出来るだけ素早く、正確に、手元を見なくても手なりで出来るように、そういう練習をずーっとしてます(笑)
いざって時は、指先に染みついた操作がものを言う時もありますからね。



・マウスでやるべき操作

一方、マウスでやった方が良い操作(マウスでしか出来ない操作)というのもあります。
例えば、ブリーチャーの場合、相手の武装に応じて、オービット距離を変える必要があるんですが、「ラジアルメニュー」を使えば、デフォルト距離で回るか、500mで回るかをマウスの加減だけで瞬時に指示出来ます。

・ラジアルメニュー
d5aac37c5904719afb542f651b275c36.png  c05d1d34ee9ffe9a3dfd9406b5c54cbd.png
画像ではデフォルトを「7000m」に設定。メニュー外側にマウスカーソルを動かせば、500m~最大30kmまで距離を指示出来る。



また、近距離・遠距離カイト中の操艦に関して言えば、「Selected Item」もよく使いますね。
・Selected Item
434093635b7e97ba612e3807fb596365.png
(tutukiさん、勝手に使ってゴメンナサイw)

例えば、相手から逃げようと思った時に、ワープ可能なオブジェクトにアラインした状態でSelected Itemのワープボタンを連打すれば、ポイントが外れて脱出可能になったと同時に、即ワープ出来ます。

4cfb533f96f8afdc62beec404c22240d.png
いわゆる「卵逃げ」ですね。



また、自分がオービットしている状態で、相手との距離が離れ過ぎた場合…
1.距離が離れた場合.png

こういう場合、「一定距離を保持」や「接近」等を指示した後に、もう一度「オービット」を指示する事で、すばやく船が反転して、適正な距離で再びオービットが始まるのですが…

「一定距離を保持」や「接近」等を指示
2.「一定距離を保持」や「接近」等を指示.png

その後、すぐに「オービット」を指示
3.オービット再開.png

この時、ラジアルメニューを使っていると、たまにラグって指示がうまく入らない事があります。

・ラグってオービット指示が入らず、そのまま相手に突っ込んだ状態
4.ミスって相手に接近.png



こういう失敗をしない為には、Selected Item内で「オービット」「一定距離を保持」を連打するのが有効です。

これなら、多少ラグってもすぐに指示が入るので、相手を逃がしたり不必要に接近しないで済みます。
434093635b7e97ba612e3807fb596365.png

実際には、ここにDスキャンの操作等も混ざってくる事になります。
こういう複雑な操作をする為には、出来るだけマウスの仕事量を減らして、右手を船の操艦に集中させる必要があります。
だからこそ、「単純作業は左手(ショートカット)に回すべき」という訳です。


まぁ、やっぱり文章で書くとちょっと分かりづらいかもしれないですね…。
今回お話した内容って、正直地味で、すごーくマニアックな事なんですけど、Solo PvPで上達したいと思ったら、こういうところが大事になってくると思います。
ある意味、Fitやスキルよりも大事な要素だと思います。
どんなに良いFitでも、スキルが育っていても、まともに操艦出来なかったら勝てるものも勝てないですからね。

特に、接戦になればなる程、正確に船をコントロール出来たかどうかが、勝敗の鍵になる事も往々にしてあります。
工夫次第で出来る事というのはたくさんあるので、是非、自分なりに色々工夫してみて下さいね!
でわでわ!


posted by shu oisibb at 21:47| Comment(1) | PvP考察集(Fit構築・戦術等) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月09日

shu oisibbオススメのLow-sec PvP入門用フリゲート

こんにちわ!shu oisibbです!

8月になり、いよいよ夏本番となりましたが、皆さん暑さ対策はしてますか?
今年は全国的にかなり暑いみたいなので、長時間日差しに当たらないよう気をつけて、小まめな水分補給を忘れずに取るようにしましょうね!



さて…実はこのブログ、一応書くカテゴリを大雑把に分けているんですが、なんかPvP考察集の数だけ少ないなぁっと思ったので、これを機に色々書いてみる事にしました。

というわけで!
今回は、私が個人的にオススメしたい「Low-sec PvP入門用のT1FG」をご紹介したいと思います!

といっても、例えばEVEを始めてまだ数日の人が、いきなりSolo PvPに挑戦する…ってのは、さすがに無理があるので、今回は「ある程度スキルがあり、フリートPvPもすでに何度か経験している人がSolo PvPに挑戦する」を前提にお話ししたいと思います。



【強い船に乗る】

特に乗りたい船がないのであれば、まずはSolo PvPに強い船に乗ってみるのがオススメです。
単に勝つ見込みが上がるだけではなく、どういう船が強いのか、何が強いのかを自分で乗って(あるいは戦う事で)理解出来るからです。
つまり、「トップメタ(環境)」を理解するという事ですね。

以前このブログでも取り上げましたが、Low-secのSolo PvPに強いT1FGについて考えてみると、統計上、勝率と単艦運用率(Solo)が高いT1FGは…



ブリーチャー
過去3か月の勝率:58%、単艦運用率:22%、使用者:約6400人
 →スタンダードFit:ロケット装備のDual Tank近距離カイト型


インカーサス
過去3か月の勝率:51%、単艦運用率:22%、使用者:約9800人
 →スタンダードFit:ブラスター装備の高火力至近距離型

トーメンター
過去3か月の勝率:47%、単艦運用率:28%、使用者:約5400人
 →スタンダードFit:ビームレーザー装備の高火力近距離カイト型


トリスタン
過去3か月の勝率:46%、単艦運用率:19%、使用者:約26000人
 →スタンダードFit:近距離タレット型・ニュート型・カイト型

この4機になります。



初級者の方は、この4機の中のいずれかを選ぶのがベターでしょう。
船の強みやスタンダードなFitについては、Wikiを見てもらうとして、この4機に当てはまる共通点を洗い出してみると、おおむね下記の共通点がある事が分かります。

(全艦共通)
・Mid slotとLow slotが3~4つ備わっており、Fitの拡張性に優れている。
・ドローンが展開出来る。


(部分的に共通)
(1).オーバーロード時のDPSが200を超えるか、約4500以上の実効ダメージをタンク出来る。
(2).AB装備時の最高速度が1100~1200m/s台に達し、MWDを装備する事で3300m/s以上に達する。
(3).主武装の有効射程距離がスクラム圏内全域をカバーするか、それ以上に達している。


これらの要素は、船のトータルバランスを考える上での一つの基準になります。

もし自分でFitを作る際には、上記の条件を念頭において、火力防御スピードのトータルバランスを考えていくと良いでしょう。



【基本を学べる船に乗る】

また、初級者の方が乗るべき船について、具体的にどういったものが望ましいかを考えてみた時、出来るだけ色んな武装や戦術を試せたり、様々な船と勝負しやすいという事も重要になるかと思います。

Solo PvPでは、自他のどちらが有利なのか、あるいは、どうすれば有利になるのか(逆に、何をしたら不利になるのか)を判断する分析力が重要になります。

これが分かっていないと、いくら索敵がうまくても、自分が倒せるのかどうか判断が出来ませんし、自分が負けた時、なぜ負けたのか(どうすれば勝てたのか)を考える事が出来ません。

特に、タレットの特性(トラッキング性能や射程距離の違い)を理解する事が大事ですね。
例えば、自分がブラスターを装備して、相手がビームレーザーを装備している場合を考えてみましょう。

トラッキング.png
緑:ブラスター
赤:ビームレーザー

この場合、距離を詰めて500mオービットすれば、ブラスターの方がトラッキングの面で有利ですが…

射程距離.png

逆に距離を離されてしまうと、射程距離の面で不利になります。

こうした武装の特性が分かるようになれば、それぞれの船に対する攻略法を考える事が出来るようになりますし、自分が乗っている船(Fit)の弱点やそれを補う方法にも気づきやすくなります。



こういったノウハウを身に着ける為には、実際に自分で様々な武装や戦術を試してみたり、色んな船(Fit)と戦って、経験を積んでいく事が大切になりますが、個人的に、初級者さんが乗るにあたって一番参考になるのは、トリスタンだと思います。

トリスタンであれば、タレットは近距離・遠距離砲のどちらも使えますし、ニュートも混ぜられる上に、ドローンも使える為、様々な武装の特性を一通り体験する事が出来ます。
また、カイトも出来るので、遠距離カイトの基本を学ぶ事も出来ます。

T1FGとしてはスピードがかなり遅い船ですが、それ故に速度の重要性を逆に理解しやすいかと思いますし、どんな船が相手でも、それなりに勝負する事が出来ます。(勝ち負けはとりあえず抜きにして…)

ただ、どんな船がその人にとって良いかは、その人がどんな風に戦いたいのか、スキルをどこまで育てているのかといった事はもちろん、所属しているコーポ(フリート)等で経験してきた事や、その人が元々得意としている戦闘スタイルによっても変わってくるかと思います。

例えばトリスタンに乗ってみて、もしスピードが足りないと思ったら、ブリーチャー等を試してみても良いと思いますし、相手との間合いをコントロールする事をより重視するのであれば、Dual WEB FitやカイトFitを極めてみるのも良いでしょう。

また、攻撃力が欲しければ、トーメンターに乗ってみるというのも良いと思いますし、至近距離で戦う事が気に入ったなら、インカーサスに乗ってみるのもアリだと思います。

                トリスタン
フローチャート.png
トーメンター    インカーサス    ブリーチャー



さて、いかがでしたでしょうか。
また機会があれば、こういう事をこれからもチョイチョイ書いてみようと思いますので、参考になれば幸いです!

でわでわ!


posted by shu oisibb at 20:28| Comment(0) | PvP考察集(Fit構築・戦術等) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする