2019年06月02日

Mr&Ms.EVE JP特別企画!「誰得!? shu oisibb流ポトレ講座!(動画付き)」

こんにちわ! shu oisibbです。
早いもので2019年も折り返しですね!皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

今回は「第5回 Mr&Ms.EVE japanese」開催を記念した特別企画として

「shu oisibb流のオシャレなポトレの作り方」

についてご紹介したいと思います!



ポトレに関しては、文字で説明するよりも動画にした方が伝わりやすいと思うので、今回は動画を作ってみました!

EVEに関する動画は数あれど、多分ポトレ作りに関して日本語でここまで詳しく解説している動画は、恐らくないんじゃないかと思います!w

…まぁ、正直一体誰得なんだろうなぁとは自分でも自覚してるんですが…でも私、「美人ハンター」だしね!

是非ご覧下さいませ!

【EVE Online】誰得!? shu oisibb流ポトレ講座!

※小さい画面だと文字が見えづらいので、全画面表示でご覧下さい。


尺の都合で、少しカットしたところもあるのですが、私が大事にしているポイントは大体網羅した内容になっております。

ただ、一つだけ動画でご紹介出来なかった事があるので、それだけここで記しておこうと思います。



・キャラクターの稼働域について

以前、ある方からこんなご質問を頂きました。
「キャラの可動域の話なのですが、ポトレで背中を向けている人がいますね。私はあれができないのですが、何か操作方法があるんでしょうか。。」

この点についてズバリご説明したいと思います!

実はあまり知られていないのですが、EVEのポートレートについては2017年11月の「Life Blood」アップデートによって仕様が大きく変更されています。
主に変更されたのは下記の2点。

・キャラクターの稼働域変更
・レンダリングの仕様変更


具体的にどう変わったかというと、各部の可動域が全体的に狭くなり、一部のポージングについては動かした際の手の位置が変わりました。

これに伴って、現在の仕様では完全に顔を真横に向けたり、背中を大きく見せるようなポージングが出来なくなっています。

ただし、2017年11月以前に作成されたポートレートについては、すでに画像データになっているので、当然影響を受けていません。
つまり、2017年11月以前に作成してそのままにしているポートレートだけが、背中をバックリ見せるポージングを維持出来ているワケですね。

ちなみに、私が「第3回 Ms.EVE japanese」の時に披露した「もでる立ち!」も、この時のアップデートで出来なくなってしまいました…。

2017年11月以前
shu oisibb.jpg

2017年11月以降
4e22a9cb25930fc88eb0a31fc1461a1e.jpg

もう同じように撮る事自体難しい状態です…。


ただ、悪い事ばかりではなく、これ以前のポトレはレンダリング時に髪の位置がリセットされてしまい、髪の毛が体に食い込んじゃう事がよくあったのですが、今の仕様では、撮影した瞬間がそのままレンダリングされるようになりました。
また、レンダリングの時間自体も大幅に改善されましたね。

まぁそもそも、撮影した後のポトレにレンダリングが行われる事もあまり知られていないのですが…。

ちなみに上の画像を見てみると、「2017年11月以降」と題した方は丁度撮影直後の状態なので、まだレンダリングされておらず、よくみるとジャギーが目立ち、影もレンダリング後と比べて薄く入っていますよ。
(ちょっと小さいから分かりづらいかも…)
これが滑らかになって、影の濃淡がよりハッキリ付いた状態が、「レンダリングされた状態」になります。


ついでに言うと、他のプレイヤーが変更した自分のポトレを見られるようになるのは、このレンダリングが終わった後になります。
少々タイムラグがあるようですが、もし自分のポトレがレンダリング済みなのに、他人から見た時、画像が反映されていない場合、サーバー側にトラブルが発生しており、いつまで経ってもポトレが反映されない可能性が出てきます。

そういった際には、もう一度作り直せば大抵の場合、2~3時間で反映されるはずです。



・最後に

まぁ今回、動画という形でポトレ講座をぶち上げたものの、実際のところ、ポトレ作りは百人いれば百通りの作り方があるものです。

キャラクターの人種や肌の色、顔の形、体格、どんなモチーフなのか、どんなファッションスタイルなのかによって、ポイントになるところは異なってきます。

なので、動画でご紹介した事が必ずしも万人に当てはまるとは限りませんので「あ、これ自分もやってみたら良くなるんじゃないか?」ってところがあれば、試しにマネしてみて頂く程度で良いと思います。

何より大事なのは、「自分がそのキャラクターをどう位置付けているのか?」という事!
自分なりに脳内設定があって然るべきなのが、キャラクターデザインであり、ポートレートの醍醐味です。

最後は自分のイメージや感性を信じて、「これだ!」と自分で満足出来るものを作る事。
それが一番!
この動画が、その一助になれば幸いです。
そして、もし最高のショットが出来たら、それを是非Mr&Ms.EVEで見せて下さい!

あなたにとっての最良のポートレートを、お待ちしております!



「第5回 Mr&Ms.EVE japanese」
第5回 Mr&Ms.EVE japanese 2.png
https://5th-mr-and-ms-eve-jp.wixsite.com/mr-and-ms-eve-jp


posted by shu oisibb at 02:50| Comment(0) | shu oisibb流ポトレ道場! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください